イメージ

遠くに山並みが見える。そして手前に鹿がいる。
こちらを見ながら、まったく動かない雌鹿。彼女が何を考えているのかを私はまったく読み取る事が出来ない。

そのうちに、彼女の大きな耳と耳の間に瘤ができ、それがさらに盛り上がりっていく。やがて皮膚を破り、毛を押し分けながら角が出てこようとしていた。彼女は雌だけれど、雄でもあったのか。彼女の輪郭は地面と植物に取り込まれていって見分けがつかないようになり、私はただ伸び続ける角に注視するしかない。
左右の耳の内側から角が二本生え、伸びていった。何叉も何叉も別れて、そのそれぞれが伸び続ける。そして2本の角は、はじめからそうなるつもりだったような自然さで絡まり合って、一つの大きな幹を形成した。鹿の体は地面と交わり、輪郭はぼやけるどころかすっかり無くなりかけている。
最後には、雌鹿の目だけが残っていた。
こちらを見ていた。
それだけだった。
あとは全部、おおきな木となってしまった。おおきな木となってしまったと私が思った瞬間に、目も消えた。

コメント

人気の投稿