野生鳥獣は自然環境を構成する重要な要素であるとともに、学術、芸術、文化などの観点からも、人間にとって必要不可欠な存在である。狩猟は、これらの野生鳥獣を捕獲するものであるが、野生鳥獣の営みに対する深い理解と感謝の念があってこそ初めて成立するものであり、また、人と野生鳥獣との持続的な共存の実現に寄与する行為として存続できるものである。狩猟は、決して自然環境の保全に反する行為ではない。(『狩猟読本』一般社団法人大日本猟友会)

コメント

人気の投稿